医療レーザー脱毛とレーザー脱毛の違い

レーザー脱毛という施術があります。

レーザー脱毛は毛根を破壊するため劇的な効果があるといわれる脱毛の手術の1つです。

レーザー脱毛は、美容外科やエステサロンなどで行われるものなのですが、美容整形外科では医療行為が行われ、エステサロンでは医療行為が行われないという分類がされます。

レーザー脱毛は本来は医療行為として存在しているものなのですが何故エステサロンでもレーザー脱毛が可能なのかなのです。

この理由はレーザーの出力にあると言います。

レーザーの出力が具体的にどの程度であるのかは解りかねる事ですが、エステサロンで行われるレーザー脱毛の場合、必要最小限の出力を利用してレーザーを照射させるそうです。

そのため、美容整形外科などで行われる医療レーザー脱毛と比べると効果が薄いとも言われています。

レーザー脱毛の原理はレーザーの特徴でもある黒いものに反応するという事を利用しているため、毛根だけを破壊する事が出来、安全ではあるのですが、それでも肌への影響はまったく無いとは言い切れません。

レーザー脱毛を行った結果肌が炎症などを起こせば治療を伴う事になるのです。

美容外科ではこのような治療を行う事は出来ますが、エステサロンでは治療を行う事が出来ないわけです。

これは医療行為を行えるかどうかという違いがあるのです。

このようなことからも、美容外科では医療レーザー脱毛という呼び名で呼ばれるなどエステサロンでのレーザー脱毛とは区別していると聞きます。

二次会 ドレス

着物買取福ちゃん

リスティング

沖縄県 リフォーム

美容整形