初めての車の購入、いくらくらいかかる?

 

初めて車を購入する際にはいくらかかるか分からないですが、本体価格の他にも色々な費用がかかりますのでその点も考慮して選ぶことが大切です。本体価格以外にも税金や諸費用がかかりますが、排気量などで変わるためそれぞれに異なります。希望するモデルが決まっていても本体価格を含めた合計額で判断する必要があるため、購入価格と本体価格は異なることを理解しておく必要があります。購入価格は諸費用を含めた合計額ですが、ディーラーでは一律に同じ費用がかかりますのでカットする部分がほとんどない状況となります。本体価格には税金もかかりますが、もちろん消費税もかかりますので合計額は大きくなってしまいます。しかしほとんどの人はローンで購入することになるため、諸費用を含めたて総額になった場合でもローンで支払える金額であれば問題なく購入することが可能です。総額で判断する方法とローンの返済額で判断する方法がありますが、ローンであれば毎月返済できる金額で検討していくことも可能です。モデルによって異なりますが、本体価格の他に20万円から30万円程度は必要になってきますので、グレード選びでは諸費用分も含めて検討することになります。購入総額が高いと最後まで負担がかかるため、経済的な検討が大切です。