車両以外にはどんな所にお金がかかるのか?

 

自動車を購入する際には、細かい見積もりを取ることになります。それは車両以外にも、いろいろな諸費用が発生するからです。諸費用も含めたトータルの価格がそのクルマの購入に必要な費用ということになります。では具体的に車両価格の他に、どのような費用が必要なのでしょうか。

まず大きいのが税金関係です。新車を購入するときに必要な税金には、消費税、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の4種類の税金を支払わなければなりません。消費税以外の税金はすべて、国や市町村などの道路財源のために使われる目的税です。税額は新車価格、排気量、用途、クルマの種類などによって違ってきます。

また、税金のほかに各種手数料が発生します。見積もりを見ると、車庫証明手数料や下取り手数料、検査・登録・届出手数料、納車費用、リサイクル費用など、いろいろな諸費用が必要であることがわかります。さらに自賠責保険や自動車任意保険など保険の費用も必要です。これらをすべて合わせると、中型の普通乗用車で30万円~40万円程度になります。さらに、オプション費用も大きいです。ナビやオーディオ、エアロパーツなど高額なオプションもありますが、後から量販店で格安なものを購入しても構いません。これらをすべて合計した額から、値引き額を差し引いた金額が、請求されることになります。

 

コメントを受け付けておりません。