自動車税と自動車重量税の関係

 

自動車は車両価格だけではなく、所有しているだけで毎年いろいろな維持費がかかってきます。その中でも大きいのは税金です。毎年5月になると、4月1日の時点で所有していた自動車に対する税金、自動車税の請求がきます。この税金は、都道府県税として使われます。また、軽自動車に関しては市町村税となります。税額は、自動車の種類によって違います。乗用車、トラック、軽自動車ごとに決められています。さらに自家用なのか業務用なのかによっても違います。そして、これらの条件の上で排気量によって税額が細かく分かれています。排気量が大きくなればなるほどに税額は大きくなって生きます。

また、新車購入時と車検ごとに支払う自動車重量税は、国税として使われます。この税金も、自動車の種類や用途によって区分され、その上で重量によって税額が決まっています。また、2012年5月1日より、エコカー減税が適用されたことにより、エコカーと認定されているクルマに関しては税金が安くなっています。この他にも、自動車取得税やガソリン税など、様々な税金がかけられており、これらの税金は主に道路財源を賄うために使われています。日本の道路はどこでもきれいなのも、この税金があるからですね。

 

コメントを受け付けておりません。